サイナスリフト・ソケットリフトでインプラントが可能に   

最近はインプラントの知名度や理解度も高まり、歯を失った時の治療法としてインプラント治療がたくさんの方に選択されています。

以前はあごの骨が足りないとインプラントは難しかったのですが、最近では人工歯根を埋め込める十分な顎の骨がないケースでも、インプラント治療が可能になる手法が開発されています。

上顎のインプラントを例にして紹介しましょう。上顎の上側の頬の骨の中は空洞になっていて、上顎洞と呼ばれます。上顎洞は鼻腔につながる空洞で、粘膜で覆われています。人工歯根は、上顎洞に達するまでの上顎の骨の中に埋入しなければいけません。そのため、インプラントを埋入する骨の厚みが足りない場合は、上顎洞を押し上げて骨の厚みを増やす必要があります。

主な手法は、サイナスリフトとソケットリフトです。

サイナスリフトでは、上顎洞を覆う粘膜を剥がして持ち上げ、上顎の骨との間に隙間をつくります。そこへ自分の骨または人工の骨の元となるものを注入します。
およそ半年たって骨が造成されてから、人工歯根を埋入する手術を行います。

ソケットリフトでは、インプラントを埋入するための穴から上顎洞の粘膜を持ち上げていきます。そこに人工の骨の元となるものを入れ、人工歯根を埋入します(骨が出来上がってからインプラントを埋入することもあります)。

一定以上の骨の厚みがあればソケットリフトを適用できますが、骨が薄ければサイナスリフトが適用されます。患者の骨格や上顎洞の形態などにもよりますので、担当の歯科医師にきちんと説明してもらうようお勧めします。

インプラント治療に不安がある時

 

インプラントという治療法が広まってくるにつれて、いろいろな報道もあり、インプラント治療を受けようと思っていても、心配したり躊躇したりすることもあるかと思います。でも実際にはインプラントは成功率95%以上で、必要以上に心配することはありません。気をつけなければいけないのはまず、きちんとした技術と豊富な経験を持った医師を選ぶということです。インプラントができると標榜していても、全ての医師が技術に長けて経験豊富というわけではありません。また、患者さんはひとりひとり体質も骨格も、生活習慣も異なります。あらゆることを考慮してその人に合ったインプラント治療をするためには、やはり豊富な経験が必要です。また、患者さんは初めてのことだらけで、不安でいっぱいです。治療に関して尋ねたいこともあるでしょうし、高額な治療になりますので、費用面の説明も詳しくしてほしいですね。そんなことにもひとつひとつ丁寧に対応してくれる歯科医院がいいですね。そんないいことばかりの医院があるのかと思うかもしれませんが、今はインターネットもあり便利な時代です。自分のお口の健康を守るために、よく調べて、納得できる医師・医院で治療を受けたいものです。

さて、もうすぐゴールデンウイーク。都城市を流れる庄内川では、150匹のこいのぼりが空を泳ぐ姿が見られます。こいのぼりの掲揚は5月11日(土)までだそうですから、季節を感じに出かけてみられてはいかがでしょうか。

歯の健康と全身の健康

日本列島を桜前線が北上中ですが、日向市では早くも海のイベントがスタート。「第7回日向市長杯のりのりカップinお倉ヶ浜」が開催されます。キッズやレディースその他、いろいろなクラスに別れてサーフィンの腕を競います。開催日は平成25年4月21日(日)、コンテストのスタートは朝7時です。早いですね!当日は、コンテストの他にも、サーフィン体験(要申込)、キッズビーチフラッグコンテスト、フリーマーケット、キッズダンス、フラダンス、コンサート、エイサー踊りなど、親子で楽しめるイベントが盛りだくさん。ご家族そろって春の海を満喫しにお出かけください。

さて、宮崎県歯科医師会では、平成25年3月17日(日)に県民公開講座を開催しました。「口から始める健康づくり~噛むことは、生きること~」のテーマで、講演やシンポジウムが行われました。先生方の講演によって、口腔内の状態が全身の状態に影響することがよくわかり、歯科医療の大切さを感じる講座でした。たかがむし歯、ちょっとした歯周病、と軽く考えていたら、思わぬ病気につながってしまうかもしれません。少しでも健康で楽しい老後を過ごすために、しっかり噛んで食べられるように、8020(80歳で自分の歯が20本以上ある)を目標にこまめな歯のお手入れを心がけたいものです。

神話の高千穂夜神楽まつり

岩戸伝説がテーマの舞を始め、33番の神楽を秋の実りへの感謝と翌年の豊穣を祈願して、2日に分け奉納されます。 

国の重要無形民俗文化財に指定されているそうです。

22日、23日の2日間かけて高千穂の夜神楽33番の神楽を奉納されるそうです。

22日は18時から22時、式三番と呼ばれる舞と岩戸神楽中心に奉納し、残りの神楽については、23日の10時から23時で奉納。

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037 高千穂神社

11月22日~23日

JR鹿児島本線熊本駅から宮崎交通特急バス延岡行き「高千穂号」に乗り2時間47分、高千穂バスセンター下車、徒歩15分



神が住む町高千穂、一度訪ねた事がありますが、残念ながら神楽まつり、雲海は拝見する機会がありませんでした。

魅力ですよね、ぜひ次回は・・・。